2018年1月13日土曜日

浜口史郎『AWOL - Absent Without Leave - オリジナルサウンドトラック』(1998)



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=88853


「カードキャプターさくら」「カウボーイビバップ」「ガサラキ」「Serial experiments lain」「TRIGUN」など、2018年の今年で放送から20周年を迎えるアニメはいくつもありますが、1998年1月7日に放送を開始した「AWOL(エイウォール)」が、つい先日20周年を迎えました。……といっても、自分は本編を観たことがなく、知識と伝聞でしか本作を知らないのですが。et原作、ビースタック企画、スタジオディーン制作、川瀬敏文監督、1997年に放送された「ネクスト戦記EHRGEIZ(エーアガイツ)」のスタッフ陣によるSFミリタリーアクション作品。今WEBで調べてみても、ここ20年の間に公式サイトや往時の個人ホームページやテキストサイトが次々と消滅してしまったことで、その内容について触れたテキストが限りなく乏しくなっており、かろうじて見つけたいくつかの好意的/否定的な評価も軒並み「作品としてのクオリティの低さ」と前提したものでありました。ネクスト戦記EHRGEIZは現在バンダイチャンネルで配信されておりますが、AWOLに関しては現行それすらもなく、そもそもDVD化ソフト化していません。LDもVHSビデオもメディアとしての役割を終え、すでに市場からほとんどなくなってしまったのと同時に「過去の遺物」となってしまった感があり、当時を偲ぶほかありません。ビースタックの公式サイト内には、かつてAWOL関係のページが存在していたようで、Internet Archiveで1998年ごろのログをたどると「「AWOL」全12話 オンエアデータ」というコンテンツが確認できました。





 本編をまったく観ていないのですが、サントラCDは持っています。というのも、コンポーザーが浜口史郎氏であるからです。ONE PIECE(1999~)や劇場版クレヨンしんちゃん(1999~2003)、P.A.WORKSの諸作(2011~)、ガールズ&パンツァー(2012~)などのコンポーザーである氏の初期の単独劇伴担当作品のひとつがこのAWOLであり、アニメ「ハーメルンのバイオリン弾き」のクラシック曲の編曲や、勇者王ガオガイガー挿入歌「美しき光の翼」の編曲(共に田中公平氏との仕事)、ファイナルファンタジーVIIのアレンジアルバム『リユニオン・トラックス』のオーケストラ編曲、そして前述のネクスト戦記EHRGEIZの劇伴作曲(多田彰文氏との共作)に次いで手がけられた作品となります。質の高いオーケストラアレンジは流石の一言であり、緊迫感のある硬質なスコアを中心として構成されています。マーチ風、交響曲風のオリジナル曲もあり、現在に至るまでの氏の作風が既にしっかりとうかがえる内容であるのは間違いありません。


エイウォール ― オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ hide with Spread Beaver ZEPPET STORE
MCAビクター (1998-03-21)
売り上げランキング: 970,079


 また、オープニングテーマがhide with Spread Beaver「ROCKET DIVE」で、エンディングテーマがZEPPET STORE「Don't Ask Me Why」であり、サントラCDには両曲がフルサイズで収録されています。オープニング映像やサントラCDには、hideの自主レーベル「LEMONed」のクレジットやレーベルロゴもしっかりと載っておりました。しかし現在に至るまで、この2曲がアニメタイアップ曲であるという認知はほとんどされていないと思います(同じく1998年に放送された浦安鉄筋家族の後期オープニングテーマはDIR EN GREY「I'll」、Night Walker~真夜中の探偵~のオープニングテーマはBUCK-TICK「月世界」、エンディングテーマLa'cryma Christi「未来航路」でしたが、これらも同様のケースではないかと)。アニメ全12話の放送終了後しばらくしてhideが急逝したこともあり、「ROCKET DIVE」はhideの生前にリリースされた最後のシングルにして代表曲であり、ゴールドディスク ダブル・プラチナの大ヒット曲として永遠となりました。


ROCKET DIVE
ROCKET DIVE
posted with amazlet at 18.01.13
hide with Spread Beaver
MCAビクター (1998-01-28)
売り上げランキング: 48,226








YouTubeをさぐっても英語版トレイラーしか見あたりませんでした。


--------------------------------------

『AWOL - Absent Without Leave - オリジナルサウンドトラック』
[1998.03.21|MVCH-29016|UNIVERSAL VICTOR]

01. hide with Spread Beaver「ROCKET DIVE」

02. Planet Link Plan
03. SOLOMON
04. カオスの愉楽
05. 権力のロンド
06. STUPID GENIUS
07. WIND FROM MID EAST
08. SHOOTER
09. 時の刻み
10. TEA TIME
11. 接近
12. 邪神崇拝
13. 殺戮兵器
14. 戦士の意思
15. CONFIDENCE
16. MISSION=潜入
17. フカイナオモイ
18. 危機
19. 終焉
20. NERVOUS VIRUS
21. デュラン・ガッシュ
22. OPERATION
23. BULLDOGS
24. 悲しみの果てに
25. 暗雲
26. DECISION
27. MACHINERY OF MANKIND
28. 決戦!!
29. VICTORY

30. ZEPPET STORE「DON'T ASK ME WHY」

--------------------------------------

SOUNDTRACK STAFF
Produced by : LEMONed
Music by : 浜口史郎 (except M-1, M-30)
Sound Design by : 若林和弘 (except M-1, M-30)








--------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿