2017年6月1日木曜日

ミステリマガジン2017年7月号特集「このミステリ・コミックが大好き」のコミックガイドに参加&コラムを寄稿いたしました



http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013551/


 早川書房より5月25日に発売となりました、《ミステリマガジン》2017年7月号【特集:このミステリ・コミックが大好き!】の、「コミックガイド50選」(編集部・選)にライターとして参加させていただきました。1作品=1ページずつの紹介で、私、糸田は10作品=10ページ担当しています。さらに、「ミステリコミックDISC SIDE C」として、1982年の『エロイカより愛をこめて』から、2016年の『ドロヘドロ オリジナル・サウンドトラック』まで、サントラやイメージアルバム十数作品を、3ページにわたって紹介するコラムを書かせていただきました。「SIDE C」なのは、Comicの「C」にかけてのものなんですけど、前号(5月号)の北欧ミステリ特集では「SIDE A」「SIDE B」と銘打ったコラムを書かせていただいたので、それにも引っかけています。











【Amazon】
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XWF58ND
【honto】
https://honto.jp/netstore/pd-magazine_28484864.html
【楽天】
http://books.rakuten.co.jp/rb/14942685/


 ちなみに、ミステリマガジンで広範的なコミック特集が組まれるのは、1994年5月号「マンガこそ密かな愉しみ」以来。『金田一少年の事件簿』『名探偵コナン』は連載まもなかったこともあってか、このときの特集ではまだ名前が挙がっていなかったんですね。2017年7月号は「金田一少年」「コナン」以降の作品を追っていっているので、二十数年分のアップデートですね。日下三蔵氏と北原尚彦氏の19ページにわたる対談「ミステリ・コミック『金田一少年の事件簿』~現在まで」では、ざっとみただけでも90年代以降の作品タイトルが100以上は登場していました。『名探偵コナン』の単行本が全世界で累計二億冊を突破し、新谷かおる先生が休筆を発表され、『BLACK LAGOON』『ギャラリーフェイク』の連載再開のニュースがあったりと、今号の前後にかけてタイムリーな話題もあったなあと。


「コミックガイド50選」で私がガイドを担当した10作品。いずれも強くおススメいたします。そしていま、このタイミングで、オガツカヅオ氏、梶本レイカさんをミステリ雑誌という場でご紹介できたのは、タイムリーだなという想いが少なからずあります。新装版と続巻の邦訳が続々刊行されている『ブラックサッド』も、野村亮馬氏がkindleオンリーで世に問うた『インコンニウスの城砦』も。手に取っていただくキッカケに少しでもなりましたら、これに勝る喜びはないです。どうぞよろしくお願いいたします。




▼写楽麿[原作]/小畑健[作画]『人形草紙あやつり左近』
▼たかしげ宙/皆川亮二『KYŌ』
▼フアン・ディアス・カナレス[原作]/フアンホ・ガルニド[作画]『ブラックサッド 黒猫探偵』
▼カネコアツシ『SOIL』
▼久正人『ジャバウォッキー』
▼オガツカヅオ『りんたとさじ』
▼梶本レイカ『コオリオニ』
▼藤田和日郎『双亡亭壊すべし』
▼山本英夫[原作]/池上遼一[作画]『アダムとイブ』
▼野村亮馬『インコンニウスの城砦』


※129ページの『アダムとイブ』のタイトルで「アダムとイヴ」(“ヴ”)となっていますが、正しくは「アダムとイブ」(“ブ”)です。また。本文で“「事件」のパートが”となっている箇所は「後」の一文字が抜けており、正しくは“「事件後」のパートが”です。以上二点、訂正いたします。


そしてガイドを読まれた方に、少し補足をば。


★『人形草紙あやつり左近』の項で、原作者の写楽麿(宮崎まさる)氏が関わられた推理クイズ本『あなたは犯罪心理捜査官』(作田明監修/1996年)にも触れたのですが、これがその本です。90年代はプロファイリングブームだったんですよね。



近年、電子書籍版が出ています。

<推理クイズ>あなたは犯罪心理捜査官
G.B. (2014-05-08)
売り上げランキング: 28,800



★『KYŌ』は2016年6月より小学館から電子書籍版が配信されております。
https://www.shogakukan.co.jp/books/09122837


KYO
KYO
posted with amazlet at 17.06.01
小学館 (2016-06-17)



★〈ブラックサッド〉シリーズは、1~5巻すべての電子書籍版も出ております。
http://www.ebookjapan.jp/ebj/362017/volume1/
http://www.dlsite.com/comic/work/=/product_id/BJ106296.html


ブラックサッド 黒猫探偵 (EUROMANGA COLLECTION)
フアンホ・ガルニド ファン・ディアス・カナレス
飛鳥新社
売り上げランキング: 64,080



★『りんたとさじ』の書籍版は現在在庫切れですが、電子書籍版が配信されております。
https://honto.jp/ebook/pd_27326650.html

りんたとさじ
りんたとさじ
posted with amazlet at 17.06.01
朝日新聞出版 (2014-03-31)


 また、5月29日に、リイド社のWEBコミックサイト「リイドカフェ」内のコンテンツ「劇画狼のエクストリームマンガ学園」にて、オガツカヅオ氏の単行本未収録作「こくりまくり」が公開されました。ストレンジなラブコメ展開からの、ぐるんとした転回、からのラストのセリフ。ホラーで、それでいてエモい。素晴らしい短編です。それ以前に公開された、「よふさぎさま」もオススメです。
http://leedcafe.com/webcomic/exmanga017/


★『インコンニウスの城砦』のAmazon Kindleページのリンクです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01MY4BFRD





 ミステリマガジン1994年5月号特集「マンガこそ密かな愉しみ」の表紙と目次がこちら。エラリイ・クイーンのコミカライズについてのコラムの邦訳や、フランス文学者/翻訳家の平岡敦氏が、バンドデシネの大家であるエンキ・ビラルの作品を紹介されていたり、美術・映画評論家の滝本誠氏がノワールコミックの文脈でフランク・ミラーのグラフィックノベル『ハードボイルド』に言及されていたり、『信長』『パイナップルARMY』などの原作者である工藤かずや氏のコラムなども載っていました。“ミステリ・ファンに捧げるブックガイド 独断と偏見によるベスト・コミック100冊”は、一ページに六作品というギッシリした体裁で、各作品が200字程度で紹介されています。一作家一作品という縛りではないので、たとえば手塚治虫氏は七作、萩尾望都さんは五作紹介されています。下記にタイトルをまとめてみました。





------------------------------------
ミステリマガジン1994年5月号
特集「マンガこそ密かな愉しみ」
“ミステリ・ファンに捧げるブックガイド 独断と偏見によるベスト・コミック100冊”

------------------------------------

『エロイカより愛をこめて』青池保子
『魔弾の射手』青池保子
『夜の魚』吾妻ひでお
『魔楽』石井隆
『鏡の国の戦争』いしいひさいち
『COMICAL MYSTERY TOUR 赤禿連盟』いしいひさいち
『うえぽん』いしかわじゅん
『ドラゴン式』いしかわじゅん
『有閑倶楽部』一条ゆかり
『隣人13号』井上三太
『寄生獣』岩明均
『骨の音』岩明均
『アリスにお願い』岩舘真理子
『雲の名前』岩舘真理子
『帽子男は眠れない』上野顕太郎
『家栽の人』毛利甚八原作/魚戸おさむ作画
『仔猫のスープ』内田春菊
『闇のまにまに』内田春菊
『星の時計のLiddell』内田善美
『GOOD BYE』内田美奈子
『洗礼』楳図かずお
『わたしは真悟』楳図かずお
『踊る警官』浦沢直樹
『パイナップルARMY』工藤かずや原作/浦沢直樹作画
『MASTERキートン』勝鹿北星原作/浦沢直樹作画
『ロジオンロマーヌイチラスコーリニコフ』大島弓子
『気分はもう戦争』矢作俊彦原作/大友克洋作画
『童夢』大友克洋
『ツーリング・エクスプレス』河惣益巳
『ハンサムウーマン』プランダ村脚本/鎌田洋次作画
『沈黙の艦隊』かわぐちかいじ
『ゲートボール殺人事件』川原泉
『エスの解放』倉多江美
『いつもポケットにショパン』くらもちふさこ
『黒い羊』黒川あづさ
『T・E・ロレンス』神坂智子
『ゴルゴ13』さいとう・たかを
『キムチ』坂田靖子
『バジル氏の優雅な生活』坂田靖子
『食卓の魔術師』佐々木倫子
『ペパミント・スパイ』佐々木倫子
『ミノタウルス』ささやななえ
『青また青』伸たまき
『PALM(パーム)』伸たまき
『伯爵と呼ばれた男』高口里純
『仮面少年』高橋葉介
『夢幻紳士』高橋葉介
『アフリカの太陽』たがみよしひさ
『NERVOUS BREAKDOWN』たがみよしひさ
『事件屋稼業』関川夏央原作/谷口ジロー作画
『ゲンセンカン主人』つげ義春
『アドルフに告ぐ』手塚治虫
「カノン」手塚治虫
『きりひと讃歌』手塚治虫
『七色いんこ』手塚治虫
『人間昆虫記』手塚治虫
『バンパイヤ』手塚治虫
『三つ目がとおる』手塚治虫
『犬家の一族』とり・みき
『DAIHONYA』とり・みき
『パズルゲーム☆はいすくーる』野間美由紀
「アメリカン・パイ」』萩尾望都
「完全犯罪」萩尾望都
『残酷な神が支配する』萩尾望都
『トーマの心臓』萩尾望都
『訪問者』萩尾望都
『ポーの一族』萩尾望都
『兎が走る』小池一夫原作/弘兼憲史
『人間交差点』矢島正雄原作/弘兼憲史
『BAR レモン・ハート』古谷三敏
『ギャラリーフェイク』細野不二彦
『東京探偵団』細野不二彦
『鉄コン筋クリート』松本大洋
『パタリロ!』魔夜峰央
『裂けた旅券』御厨さと美
『XDay』三原順
『はみだしっ子』三原順
『座敷女』望月峯太郎
『アズ・タイム・ゴーズ・バイ』森川久美
『Shang-hai 1945』森川久美
『ゼネツィオの庭』森脇真末味
『空色冷蔵庫』森脇真末味
『不安の立像』諸星大二郎
『ぼくとフリオと校庭で』諸星大二郎
『虹色のトロツキー』安彦良和
『光る風』山上たつひこ
「クリスマス」山岸涼子
「天人唐草」山岸涼子
『パイド・パイパー』山岸涼子
『摩天楼のバーディー』山下和美
『紅色魔術探偵団』山田章博
『KILLA』大和和紀
『新・のぞき屋』山本英夫
『吉祥天女』吉田秋生
『BANANA FISH』吉田秋生
『Y氏の隣人』吉田ひろゆき
『いたいけな瞳』吉野朔実
『HAPPY AGE』吉野朔実
『La Maschera』吉野朔実
『大逃亡』和田慎二

0 件のコメント:

コメントを投稿